FC2ブログ

吉田泰士建築研究室 ローコスト住宅 自由設計 北海道 一級建築士事務所 不動産

担当案件札幌市及びその近郊で100件超 住宅・不動産のことなど お気軽にご相談ください

当別町の歴史

2014.06.29 (Sun)
当別の歴史

当別について、
知るために、
当別伊達記念館を訪れた。

当別は、
自宅から、
車で30分くらいで来ることが出来る身近な場所です。

当別は
伊達政宗の子孫、
伊達邦直が開拓した場所。
IMG_20140625_152730.jpg
IMG_20140625_152909.jpg

伊達邦直は、21歳のとき、
岩出山(宮城県)伊達家10代目を相続。
この時の家臣736人。

岩出山伊達藩は、
明治元年戊辰戦争に敗れ、
禄高(ろくだか)を大幅に削減されました。

これまで1万4640石だったものが、
わずか60石に減らされたそうです。

邦直は深く家臣の生活を憂い、
その再興と北辺の防備に北海道開拓を決意しました。

明治4年161名の移住者と共に、
厚田郡聚富(シップ)に移住。

しかし、
不毛の地であり開拓を断念。

その後当別調査の後に当別貸付許可を得て明治5年、
二回目移住者180名を加えて当別に移住しました。
IMG_20140625_152825.jpg

移住者は、
宮城県から船で室蘭に辿り着いた後、
200キロ近くも歩いて当別までやって来たといいます。
幼い子を連れて歩いている方もおり、
とても苦労されたことと思います。
IMG_20140625_153548.jpg

伊達記念館の隣に、
「伊達邸別館」がある。

明治13年建築、
多くの名士が宿泊・懇談のために使用された建物が、
移築保存されています。
IMG_20140625_154402.jpg
IMG_20140625_154456.jpg

内部も見学することが出来、
当時の邦直の様子を伺い知ることが出来ます。


当別の「伊達家」は今でも開拓時からの同じ場所に
存在していました。

伊達家の道路を挟んで向かいに、
阿蘇神社がある。
IMG_20140625_155750.jpg

明治24年伊達邦直逝去する。
翌明治25年、
旧臣等が内務省に阿蘇神社(後の当別神社)創建を願い出て、邦直が祀られることとなります。

開拓ゆかりの学校
当別小学校
IMG_20140625_153021.jpg

明治5年、旧仙台藩支藩岩出山の伊達邦直公がその旧家臣と共に、
この地に移住し、岩出山伊達家の家老であった鮎田如牛(あゆたじょぎゅう)が開設した私塾に始まる、
開校140年を迎えた歴史と伝統のある学校です。

・・・伊達家のある場所、
当別神社、
当別小学校のあるあたりは、

当別町「元町」といいます。

今回勉強したことで、
このあたりが当別の中心であると、
理解することが出来ました。

古くから人が住み着いている所には、
濃いエネルギーがあり、

その地その地の「元」の場所を理解しておくことは、
大事なことではないかと考えています。